鳥のさえずりが耳に心地よく響いてくる土曜日の朝。東京のビジネスビルの横の公園は、とてもしずか。大好きな時間。いつもなら忙しそうにするビジネスマン、ウーマンにすれ違う。しかし、今日は犬をつれた人々があいさつしながら、我が犬ほどかわいいものはないと言わんばかりに愛犬と歩いている。私とて似たり寄ったりなのだけど。

 さくらもすっかり散り、葉桜のみどりの美しい事。この季節がとても好き。

 いろいろ物事が動き始める季節、始動のひとつ。BCリーグ福井ミラクルエレファンツの福井での開幕戦。縁あって国歌斉唱をさせていただきました。

 県営球場のバックネットの日の丸に向かい、2千人の観客を背負い一人アカペラで歌う“君が代”は、かなりの緊張とストレスでした。いつもライブハウスでジャズを歌うのとは全然違う緊張でした。“君が代”という歌をあらためて唄ってみると、なんて難しい曲なのか!音の音域は広く、出だしで音の選択を誤ると、とんでもない事になる。普通は大勢で歌うため結構ごまかしていたのだなぁと。今回はそんな事は出来ないので結構練習しました。めったに出来る経験じゃないし、真剣に唄ってきました。

 始動といえば人の身体も新陳代謝が盛んになってきます。暖かい日も多くなり臓器の動きが活発になり、神経系統も動き出します。臓器と神経の動きが連動しきれずアンバランスになり、春先特有のイライラの原因をつくります。でもまだ寒の戻りがあったりして風邪もひきやすく直りにくいですよね。そこで、ひきかけなどに効果のあるショウガの足湯を紹介します。

■ショウガの足湯(寝る前が効果的です)

※効用 冷え、むくみ、疲れ、血行不良、風邪のひき始めに。

 深めのバケツに45度前後のお湯を入れ、ショウガのおろし汁(湯量の50分の1位)と塩をひとつまみ入れます。時々差し湯をして温度が下がらないように。15分ぐらい続けて、うっすら汗が出るくらいまで続けてください。