僕は今投資家になった。トレーダーともいうかな。
何でトレーダーになったって?

それは僕にとって自然なことだったからさ。

だって好きなことをやりたいと願ったときから、
周りにいる大勢の大人が勝手な言い分を押し付けてきて、
好きなことをやるにはずっと壁があったから、
それを乗り越えようと思ったら、トレーダーになっていた。

その大人たちは、大きな荷物を背負っていて降ろそうとしないんだ。
そして苦しい顔して僕にこう言うんだ。「こうやって生きることが正しいことだよって」

おじさんに何で重い荷物を背負っているの?って聞いたら、変なことをいうんだ。
私も重い荷物を背負って生きなさいって言われたからだって。

でもおじさんは苦しそうだよって答えてあげたら、
私も我慢しているのだから、お前も我慢して生きなければいけないって。

そうやって歩いていって、行き着く先に何があるのって聞いたら、いいことなんて何もないっていってた。

僕はそんな人生は嫌だから、その重い荷物を背負わないでいい生き方を探すこと
にした。
そしたらトレーダーになっていたんだ。

トレーダーってつまらないよ。
だってパソコンに向かってカチカチやるだけだからね。

でも仕事が嫌だからじゃないよ。
自由な時間がほしいからさ。

だって時間があれば、好きなことができるじゃあない。
それにたくさんの友達もできるし、家族といっぱい遊べるからね。

えっ、何がしたいって?

君たちがこの世界で幸せになるために生きたいんだ。
君が素敵な大人になれるように、できるだけみんなの顔を笑顔に変えたいんだ。

君がずっと笑顔でいられるように。

だからトレーダーになるということは、好きなことをやるためのスタート地点だったんだ。

関連記事
あわせて読みたい