弊社のトレーディングスクール「REED」が開催するセミナーでは、現在、多くの個人投資家の方々が行っている、「ファンダメンタル分析」によるニュースや財務指標などの情報で売買する方法ではなく、「テクニカル分析」による視覚でとらえるパターン認識のトレード方法を提唱している。

■ファンダメンタル分析とは

 ファンダメンタル分析とは、需要と供給の関係や、ニュースや財務指標などの情報をもとに、その企業の持つ本来の実力を調べるものである。自分が売買しようとする銘柄に関して、売上高や利益はどれくらい伸びているか、利益の水準は高いか低いか、配当はきちんと出しているか、借金は多いか少ないか、などを個々の企業ごとに見ていくわけだ。その上で、現在のマーケットで取引されている株価が割安か割高かを見極め、将来の株価がいくらになるかを予想する。

 しかしこういった情報を個人投資家がいち早く入手することは非常に困難であり、入手した情報に基づいて分析し売買のタイミングを見極めるには、かなりの経験や洞察力が必要とされる。

 情報が世間に出回った頃には、既にその材料はマーケットでは「織り込み済み」になっている場合が多く、情報だけに頼りエントリーして「おかしいなぁ?ニュースが出たのと逆の方向に動いてる!」といった経験をされた方も多いはずだ。

 さらにファンダメンタル分析は各銘柄ごとにリサーチが必要なので、たいへん手間がかかり、データ収集にコストや時間が多くかかってしまう。このため相場の後追いになりやすく、値動きの原因が分かったころには状況が変わってしまっていることもしばしばである。

 このようにファンダメンタル分析の弱点は「売買の判断が遅れる」ところにある。その為、「スカルピング」(売買を数秒~数分で終結させる売買手法)や「デイ
トレード」(売買を数分~一日で終結させる売買手法)、「スイングトレード」(売買を一日~数日間までに終結させる売買手法)、「ポジショントレード」(数週間から数ヵ月の期間で売買を終結させる売買手法)などの短期売買には不向きであると考えられる。


■テクニカル分析とは

 これに対しテクニカル分析は、価格・出来高などを含む指標を用い、チャートにあらわされるマーケットの動きを研究してトレンド(方向性)を察知し、エントリーのタイミングをはかる技術である。

 テクニカル分析の最大の利点は、データ収集が簡単にすばやく入手できるため、売買判断を瞬時に下すことができることだ。チャートを使用し、過去の統計的確立からパターンを探り出すといった、バックテストのデータを元に「パターン認識」によって売買のタイミングをはかることができるので、株式に限らず為替や商品先物などの商品でも一定のルールに基づいて同様の分析を下すことができる。