(C)UWFC☆JAPAN Farm Photo「背筋もピンっと のびる 睦月 ある記念日の食卓」  もう年が明けていますので、これからの時間の 使い方の基礎をつくりあげる基本の木 植樹 にあててみるきっかけ手がかりになれば嬉しい です。

 このらしさの壁を新年早々取りいれる試みが持てたことで、胃袋でひとつ落ち着きを実感しています。

 ひとつのコトをはじめる時に大切にしているのは、はじめの1歩を踏み出すきっかけになった当日から翌日また同じコトを見直して1週間過ぎても同じモチベーションでいるかどうかということ。閃きでおりてきた案が、変動していく周囲に身をおいて流れの中で諦めてしまうことや、180度異なる閃き案のモチベーションに変化することってありますよね。

 これまで、親から指示されて生き方を決めたことはなく、夢を掲げるときには納得できる夢方法を伝えて、その方法が地に足がついた出来事であれば、理解を得られるようになっています(笑)

 その都度、家族から伝えられてきたのは、「何でも継続していくことでひらかれることがあるんやよ。」「撒かない種は葉っぱにも蕾にも実ることはないんだから、出来ることを見つけたら、協力してあげなさい。」と幼いころから伝えられてきました。

関連記事
あわせて読みたい