できつつある味噌。今年の冬には食べられるでしょうが 塩味がまだとんがっているでしょう。味がまろやかになる のは来年の夏からでしょう。楽しみです。

今年の夏は猛暑日と名づく日が幾日も続くほどに暑い日が続いております。

こう暑いと、私たち自身の体を気遣うだけでも精一杯です。しかし、そのうえに特別に気を配らなければならないことが私にはあるのです。

それは味噌の世話です。これまでの40年あまりの年月、毎年、味噌、梅干、沢庵を漬けてきました。

味噌を作るときはいつも梅雨時から夏にかけてカビを生やさないように心配りをしなければなりません。暑くなるとすぐカビがくるからです。カビないうちに、こまめにかき回しておかなければならないのです。

しかし、今年の夏は特別です。暑い中、自分の体でも精一杯なのですが、冬に作った味噌があることも忘れてはいけなかったのです。

(次ページへ続く)

関連記事
あわせて読みたい