キューバに勝利し、喜ぶ日本ナイン=甲子園

 野球のU—18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)第9日は5日、甲子園球場などで2次リーグ最終戦が行われ、既に決勝進出を決めている日本はキューバを9—0で下し、5勝とした。1次リーグから無敗の日本は6日午後6時から同球場で初優勝を懸け、3連覇を狙う米国と対戦する。

 日本は一回、平沢大河(宮城・仙台育英)の2点二塁打で先制し、三回には平沢と堀内謙伍(静岡)の適時打などで3点を奪った。投手陣は小笠原慎之介(神奈川・東海大相模)を皮切りに、高橋純平(県立岐阜商業)ら5人が無失点でつないだ。主将の篠原涼(福井・敦賀気比)は「7番・三塁」で先発出場し、4打数2安打2打点の活躍。二回に先頭二塁打で好機をつくると、三回は二ゴロで1打点。五回には中前適時打を放ち、勝利に貢献した。

 韓国はオーストラリアに3—0で勝ち3勝2敗、オーストラリアは1勝4敗となった。

関連記事
あわせて読みたい