原子力規制委員会は8日、全国の原発など10施設で、大雨の際に配管などの貫通部を通じて雨水が建屋に流入し、重要設備が使えなくなる可能性があるとして、貫通部をふさぐ対策を取るよう事業者に指示することを決めた。3月上旬までに計画を提出し、1年をめどに対策を終えるよう求める。

 対策を求めるのは、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)や日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)など8原発と、原子力機構の東海再処理施設(茨城県)、日本原燃の使用済み核燃料再処理工場(青森県)の計10施設。外から雨水が流れ込む恐れがある貫通部が計約650カ所あるという。

関連記事