昨年12月の月平均気温は7.5℃で、2004年の7.5℃以来12年ぶりの暖かさでした。今年1月の月平均気温は4.1℃で2007年の4.5℃以来9年ぶりの高い気温でした。

昨年12月の福井の降雪量は「―」で降雪がありませんでした。1953年に降雪統計を取り始めて以来のことです。 「―」は現象がなかったという意味で「0」は現象はあったが「1」に満たなかったという意味です。

降雪の場合、目視観測でしか「―」と「0」の区別はできません。各県で人による観測は地方気象台だけで、その他はアメダス観測所の積雪計によるもので、「―」と「0」の区別はなくすべて「0」としています。

1月の月降水量は嶺北の海岸部と敦賀、勝山で平年を上回ったほかは少なめでした。ちなみに、冬期間の降水量は、雪を溶かして換算しています。

気温は全県で1℃前後高くなっています。日照時間は嶺南で多く嶺北は少なくなっています。日照時間は少ないにもかかわらず気温が平年を上回る状態が続いています。

降雪量は平年より少なく大雪になる奥越や今庄では平年の半分ぐらいで、嶺南は平年の3分の1になっています。最深積雪は25日に観測されていますが福井だけ26日で、福井と武生は平年を若干上回りました。

沖縄の那覇市では1月25日に降雪「0」を観測しました。1970年以来46年ぶりの降雪観測でした。2月6日の北半球500hPa天気図で、-42℃以下の強い寒気団は東シベリアとカナダのハドソン湾付近にあります。

例年ならバイカル湖付近に強い寒気団が形成されるのですが、現在は日本付近の上空よりも気温は高くなっており、当面強い寒気の南下はありません。2月の1か月予報は引き続き気温は高め、降雪量は少なめと予想しています。