最後は、搬入・取り付け作業です。

大きく、しかも細工物ですから積み重ねることはできません。
大きなトラックで運び込むしかありません。(写真1段目)

鳳凰の取り付け作業です。龍を持ち上げます。
足場を組み数人がかりの大仕事でした。

中央部に束がありますし、肘木・マスなどの組物もあります。
そのことを考慮して下絵を描いたのですが・・・、上手く取り付けられるか?
心配したのですが、トラブルもなく順調に作業できました。安堵しました。(写真2段目)

寺院にお伺いしてお話し、下絵を描くことから始まり、完成後取り付けるまで半年。
長い期間を費やした思い出に残る大きな仕事をさせて頂けました事を嬉しく思います。
出来てしまえば夏の暑い日々、大きな材料を彫り続けたことが思い出となりました。
大きな作品だけに、一人では手に負えないことも多々ありました。
お力添え頂いた皆様に感謝するしかありません。(おわり)

関連記事
あわせて読みたい