もう、夏がやって来ましたね。好きな事をしていると月日が過ぎるのは早いものです。この夏の避暑支度は、お決まりでしょーか?

ここのところ、学びの場では【☆☆庁 なにが興味あるかな?】と質問をしているところ 【文部科学省】がとても多かったんですよ。18歳選挙制のはじまり。北欧諸国やアメリカの選挙への関心高さ。アジアでは日本が一番はじめに憲法がつくられたこと。お買い物をするときに納めている税のこと。修学旅行先の国会議事堂。私たちの身近な生活に投票用紙はこんな感じ。と、進学をして故郷をはなれたとしても参加方法や場所がわかるように投票参加への流れを解説。私は期日前投票へ参加してきましたよ。

さて今年は、私たちのもとに たくさん届いた収穫したての梅(お中元なんだそうです)から始まった【夢を叶える燃料】をと、冷やし梅シロップの完成を楽しみに熟成を待っているところなんですよ。ググってみたところ、梅レシピ あがってきますね。今月は、そんな夏を乗り切るためのいろんな知識と知恵を書いていきたいと思います。

伝統的な日本の食を支える食物は、そもそも産地の気候や自然条件、歴史、文化を色濃く繁栄した独自の特徴をもって発展してきましたね。それぞれの土地で受け継がれる特産的な食材の伝統は、日本の伝統といってもいいでしょう。地域ブランド食材の多くは、たとえば、ほかの土地よりも美味しい野菜が採れたり、美味しいお魚が水揚げされたり、美味しいお肉になることには、産地特有の自然条件や、栽培の伝統が根付いているなどの理由があります。生産される食材とは、自然と共生する人のライフスタイルを証明するものでもあるんですね。

各地の豊かな恵みを日常的な食材として活用するための1歩は、どんな食材があるのかを知ることですよ。ブランドではなくても素晴らしい伝統を受け継ぎながら産み出されている食材がたくさん存在していますね。こちらで学ぶことをスタートラインとして、美味しい地図を描いてみてくださいね。食事摂取基準に示されている数値には、設定指標が使用されてますよ。まず、健康の維持や増進と欠乏症予防のために【推定平均必要量】と【推奨量】の2つの値が設定されていて、この2つの指標を設定する必要のある栄養素については、目標量が設定されてるんですね。

さらに過剰摂取による健康障害を未然に防ぐことを目的として耐用上限量が設定されるとし詳細かつ具体的な数値については、個々によって異なるのでかかりつけの先生と相談されて必要な食事プランを立ててください。エネルギー(estimated energy requirement:EER)エネルギー消費量の出納がゼロとなる確率が最も高くなると推定される習慣的な1日あたりのエネルギー摂取量。 推定平均必要量(recommended dietary allowance:EAR)性別、年齢などにおうじて、人が必要とする量の推定平均値。50パーセントの人が必要量を満たすと推定される1日の摂取量。 推奨量(estimated average requirement:RDA)ほとんどの人が1日の必要量を満たすと推定される1日の摂取量。 目安量(adequate intake:AI)推定平均必要量、推奨量を算定するのに十分な科学的根拠が得られない場合に、その性別や年齢の人々が、ある一定の良好な栄養状態を維持するのに十分な量。 耐用上限量(tolerable upper intake level:UL)ほとんどすべての人が、健康障害をもたらす危険がないとみなされる習慣的な摂取量の上限。 目標値(tentative dietary goal for preventing lifestyle related diseases:DG)生活習慣病の一次予防のために現在の日本人が当面の目標とすべき摂取量。 この夏おすすめ栄養素 《糖質》消化性の糖質と、難消化性のでんぷん性多糖類=食物繊維に分けられます。糖質とは単糖を最小値とする物質のことですよ。化学的に結合した分子の数によって単糖類、小糖類(2~10の分子が結合)多糖類(小糖類を超える多くの分子が結合)に分類されますね。単糖類は糖質の中でも最も小さい分子をもつもので、ブドウ糖、果糖、ガラクトースなどかありますよ。

ごはんから摂取した糖質は、体内で主にエネルギー源として利用されてますから、脳や神経組織、赤血球などは、通常の場合、糖質から分解されたブドウ糖しかエネルギー源として利用することが残念ながらできないから、脳の重さは体重の2パーセントほどなんですけど、必要なエネルギー量は大きくて、基礎代謝量全体のおよそ20パーセントは脳が消費するといわれていて特に脳や神経細胞は糖質が分解されたブドウ糖だけをエネルギー源としているから、不足して血糖値が下がり過ぎちゃうと、意識障害を引き起こすこともあるからね。 この夏は 甘味をエネルギー摂取量全体の10パーセントを超えないように推奨して 冷やし梅シロップ美味しくいただきます。ご家庭で飲む人を選ばないお取置き。ぜひお試しいただきお健やかにお過ごしください。それでは、また来月♪ お声をお寄せくださりありがとう!

あわせて読みたい