日本体協の張富士夫会長(79)は11日、東京都内で開かれた理事会で「若い方にお譲りしたい」と述べ、任期満了となる6月で退任する意向を表明した。2月に80歳になることに加え、森喜朗前会長と同じ3期6年となることで決断した。

 理事会では次期役員候補者として現職を含む9人を推薦することが決まったが、張会長は外れた。次期役員は6月の評議員会で正式に決まり、新会長は理事の互選で決定する。

 トヨタ自動車の名誉会長で、経団連副会長や日本自動車工業会会長を歴任した張氏は、2011年4月に第15代会長に就任した。

関連記事