【台北共同】昨年9月に結婚した卓球女子のロンドン、リオデジャネイロ両五輪団体メダリストの福原愛選手(28)=ANA=は11日付の台湾紙、蘋果日報のインタビューに「まずは家庭のことをうまくやってから卓球のことを考えたい」と当面は家庭を優先する考えを示し、2020年東京五輪への挑戦にも迷いをうかがわせた。

 東京五輪について「魅力はとても大きいけれど、私には家庭が非常に非常に重要で、じっくり考える」と答えた。現在は休養中で現役続行の意向を示しているが、復帰時期などについては明らかにしていない。

関連記事