小浜藩医の子として誕生。同藩の中川淳庵に勧められ、オランダの解剖書「ターヘルアナトミア」の翻訳を志した。淳庵、前野良沢とともに4年の歳月をかけ「解体新書」として刊行した。

関連記事
あわせて読みたい