小倉百人一首の「これやこのゆくもかえるも別れては知るも知らぬも逢坂の関」で有名な蝉丸。流浪の果て旧宮崎村(現・越前町)にたどり着き、滞在中に亡くなったとされる。墓は同村野の田んぼの真ん中にある。

関連記事
あわせて読みたい