12―13世紀の歌人。若狭と深い関係にあり、若狭湾の「沖の石」を詠んだとされる「我が袖は潮干に見えぬ沖の石の人こそ知らね乾く間もなき」(千載集)の歌で有名。