標高865.6メートル。敦賀市と滋賀県の境界に悠然とそびえる。奈良時代に愛発の関が置かれていた山中峠付近から尾根をたどって登る。山頂には巨大な中継塔がある。遠くには琵琶湖が望める。