越前町の北端にある高さ約100メートルの大断崖(だんがい)。先端部が海鳥の生息地となっていて、その糞(ふん)で白く見えることからこの名が付いた。越前海岸の青い海に見事に映え、同町の景勝地の1つ。