越前市粟田部町の岡太神社に1450年前から伝わる伝統行事。法被に地下足袋姿の若者がおけを担いで各家を回り、集めた餅を神前に献上する。継体天皇が大和玉穂宮に遷都した日を祝い、毎年10月12日に行われる。

関連記事
あわせて読みたい