越前町小曽原にある国指定重要文化財。戦国時代以前からこの一帯を支配してきた朝倉家ゆかりの相ノ木家の屋敷で、江戸時代の庄屋の住宅。かやぶき入り母屋造りで、正面の白壁の長屋門が重厚な印象を与える。