鯖江市の西山公園の配水場下から続く遊歩道。市民有志らが石像を刻み、1988(昭和63)年開道した。阿弥陀像や地蔵像、母子像、観音像などさまざまな姿の石像400体以上が並んでいる。