江戸後期の国学者。現小浜市生まれ。16歳で伴家の養子となり、江戸に移住。本居宣長の学風を慕い、没後に門人となる。「長等(ながら)の山風」など優れた著書を残した。

関連記事
あわせて読みたい