1868年、坂井市春江町井向の農民が大小2個の銅鐸を発見。大きい方の1号鐸に王の象徴とされる「鶏と衣笠」が描かれているのが確認された。弥生時代の銅鐸では初めてとして注目を集めた。