大野市阪谷地区の水田地帯に点在する凝灰角礫(れき)岩。経ケ岳が100万年前に大噴火した際、流れ出た溶岩が岩石などを巻き込んで固まったもの。地元では信仰の対象にもなり生活に密着。名前が付いている岩も。

関連記事
あわせて読みたい