689―773年。東大寺初代別当。伝説によれば、小浜市下根来の生まれ。赤ん坊のころ大きなタカにさらわれ、奈良で拾われて高僧になったとされる。

関連記事
あわせて読みたい