毎年1―2月にかけて鯖江市東部を中心に行われる厄払い神事。厄払いを受けた人たちが神事の後、もちをまき、無病息災を願う。川島町では「おらいし」とも呼ばれている。

関連記事
あわせて読みたい