1778―1850年。敦賀に生まれ、気比神宮の神職を50年余り務めた。旧家の古文書を調査、敦賀の歴史地誌研究に不可欠な「敦賀志稿」4巻を著した。