岩壁に観音像11体が横一列に彫刻されている。越前町江波にあり江戸中期の作とされ、レリーフ風の珍しい作例。飢きんで村に餓死者が続出したとき僧侶が霊を弔うために刻んだとも伝えられている。

関連記事
あわせて読みたい