小説「梨の花」などで知られる重治は明治35年、坂井市丸岡町一本田で生まれた。生家跡には東京の自宅横に建てられていた書斎が移築されている。8月24日の命日をしのぶ「くちなし忌」には、全国からファンが集う。