冬が旬の「水ようかん」は奥越や嶺南、南越では「丁稚ようかん」で親しまれている。名前には諸説ある。さっぱりした黒砂糖の甘さにファンも多い。通常厚さが1センチほどだが、奥越の菓子店では倍の厚さも売られ人気。