越前市西部の広瀬地区から大坂峠などを経て南越前町河野地区に至る道。江戸時代、人馬が物資輸送で盛んに往来した。山の斜面や尾根を開削して付けてあり幅2―4メートル。途中に水飲み場や石畳、石仏、馬荷直し道などがある。

関連記事
あわせて読みたい