坂井市丸岡町上竹田にある国指定重要文化財。別名「千古の家」と呼ばれ江戸初期に建てられた県内最古の民家。正面は入母屋、背面は寄棟造り、栗材を手斧(おの)で仕上げた3本の股(また)柱など地方豪族の生活様式を残す。

関連記事
あわせて読みたい