天正11年、蜂屋頼隆が5万石を与えられて居城。大谷吉継が後を継いだ。越前国絵図には3層の瓦ぶき城郭が描かれる。天守閣は慶長5年に焼失。(敦賀市結城町・三島町)