大野市では昔から人形のことを呼ぶ。幕末から大正期にかけ、人形師の梅屋治助、治作、仁太郎らによって作られた素朴な土人形「梅屋デコンボ」が有名。子供の病回復祈願に形代として寺社などに供えたともいわれる。

関連記事
あわせて読みたい