海岸線に広がる古墳時代後期および平安時代の土器製塩遺跡。昭和52年の発掘調査で製塩土器片や須恵器片、鉄鏃(やじり)などが出土している。(若狭町世久見・食見)