南越前町にある。標高200メートル。湯尾集落から約100メートル上ると着く。北陸道の要所として燧ヶ城の戦いなど度々合戦の場となった。疱瘡(ほうそう)の神をまつる孫嫡子神社がある。奥の細道で芭蕉が通り、句も詠んでいる。