若狭で最も有名な伝説の人物。父親がどこからか持ち帰った人魚の肉を食べ、800歳まで生きたとされる。「白比丘尼」「八百姫(よひめ)」とも呼ばれる。