1786―1843年。小浜の寺に生まれ、住職を務める傍ら、本居宣長・春庭の国語研究について、詳細な論証と補訂に努力。日本語文法の基礎を築いた。