鯖江市深江町の萬慶寺本堂の天井に描かれた「風神・龍神・雷神」の絵。鯖江藩7代藩主、間部詮勝の作で、弘化3(1846)年に寄付された。詮勝は井伊直弼らとともに幕末の難局に当たった一方、書画を楽しむ芸術家の一面もあった。

関連記事
あわせて読みたい