鯖江市上戸口町。標高405メートルの城山山頂に築かれた山城跡。「太平記」には南北朝争乱期、南朝方の平泉寺僧兵がたてこもり、後に脇屋義助(新田義貞の弟)が城の大将として戦ったとある。

関連記事
あわせて読みたい