北陸道の越前国敦賀郡と近江国の国境付近に設けられた関。跡地は確定していないが、敦賀市山中から疋田辺りの北陸道沿いにあった。その場所には山中説、疋田説、追分説などがある。