大野の銘菓。大豆粉を水あめで固めて伸ばし、小さく切ったものをひねった昔菓子。初代大野藩主の求めで家来が差し出した菓子に大喜びし「堅家来(けんけらい)」と名付けたとも、宝慶寺の僧「建径羅」が作ったとも。