越前町小曽原。南北朝が激しく争っていたころ、越前の守護職足利高経が立てこもる厨城が落城、乳母が高経の幼君を背負って落ち延び、自害した。地元の人はこれを哀れみ、墓を建て、松を植え、2人の霊を慰めたといわれる。

関連記事
あわせて読みたい