大野市糸魚町にある湧(ゆう)水池で、名水の里を象徴。陸封型イトヨ生息地の南限として1934年、国の天然記念物に指定。2001年には学習施設「本願清水イトヨの里」が完成。湧水量の減少で地下水をくみ上げている。