勝山市役所一帯。江戸期に藩主小笠原氏が城の再建に着手したが、火災や財政難で未完成のまま廃藩。昭和33年に市役所、42年に市民会館建設で旧天守台が崩された。堀も埋まり市民会館の庭に「勝山城址之碑」だけが残る。