日本酒の代表的産地、京都・伏見の酒蔵を支える職人集団。旧河野村(南越前町)糠区の男たちが中心で、海の荒れる冬の間の出稼ぎ仕事だった。戦前は遠く旧満州までも出向いた。機械化の波などで現在は小人数。

関連記事
あわせて読みたい