1989年、福井県が世界で初めてバイオ技術(組織培養)を生かして開発したミディトマト。普通のトマトに比べ、糖度が7―8度と大変甘いのが特徴。名付け親は、本県出身の作家、津村節子さん。

関連記事
あわせて読みたい