大野市街地から約12キロメートル、清滝川上流の銀杏峰山麓にある曹洞宗の修行寺。永平寺の開山道元を慕って来日した宋の禅僧、寂円禅師が約750年前に開いた。永平寺との関係が深く日本曹洞第二道場ともいわれる。

関連記事
あわせて読みたい