【カイロ共同】内戦状態のイエメンの首都サヌア南部で8日、葬儀場が空爆を受け、国連人道問題調整室(OCHA)によると、少なくとも140人が死亡、525人以上が負傷した。サウジアラビア主導の連合軍による空爆とみられるが、サウジ側は否定した。

 2015年3月にサウジが空爆を開始して以降、一度の攻撃としては最大規模の被害となった。

 イエメンでは、サウジが支援するハディ暫定大統領派とイランが後ろ盾となるイスラム教シーア派系武装組織「フーシ派」が対立。サヌアはフーシ派が支配している。

 空爆があった葬儀場ではこの日、フーシ派関係者の葬儀が営まれていた。

関連記事