高浜町山中集落の北東、広瀬山のふもとに4基の横穴式石室がある。いずれも天井石が露出しているが、円墳とみられる。古墳時代後期に属する古墳で、漁村における製塩集団によって造られたものと思われる。

関連記事
あわせて読みたい