伝統的な町屋の構え。しかし、ショーウインドーや内部の木製カウンターが、洋風の新業種を象徴。店内のドイツ製大型時計は昭和初期のもの。今も元気に時を刻んでいる。越前市の越前府中まちなか博物館指定。元町。

関連記事
あわせて読みたい